マイホーム購入で、減ったストレス、増えたストレス
2015.05.18

半数以上が「マイホーム購入で子育てストレスが減った」と回答

「マイホームを持ったことで、子育てのストレスは減りましたか?」という質問に対して、「減った」「やや減った」の答えを合わせると、半数超。そもそも「子どものために」というのが、マイホーム購入の主な理由だけに、多くの人は子育てがラクになっているようです。

「分からない」と答えている人が約3割いますが、「妊娠中に買ったので」、「その後子どもが増えたりして比較できない」「生まれてすぐだったのでよく分からない」など、買う前と後の状況が変わり、単純に比較できないケースもあります。

77766_sub01.jpg

最も多かったのが「子どもの声や足音を気にしなくていい」

では具体的にどんなストレスが減ったのでしょうか。
最も多かったのが、「子どもの声や足音を気にしなくていい」という意見です。

・「賃貸時代、子どもの泣き声で、隣室と上室から壁や床を叩かれて育児ノイローゼ気味に。一戸建てにしたら、そこまでは気を遣わなくてよくなった」、
・「子どもの兄弟げんかの声や、追いかけっこをする足音を必要以上に注意しなくてよくなり、私が精神的に楽になった」、

など、主に一戸建てで暮らす人に多くみられました。

ローン、近所付き合い、姑からの干渉、新たなストレスも生まれる

ただし、子育てストレスがなくなる一方、新たなストレスもあるようです。「マイホームを持つことで増えたストレスはありますか?」の質問に、6割以上の人が「ある」「まあまあある」と答えています。

77766_sub02.jpg

将来を考えやすくなるなど、新たに感じるメリットもある

しかし、マンション、一戸建てに限らず、マイホームを持つことで、将来的な見通しが立てやすくなった、街や家に対する愛着を持てるようになったと答える人が多いのも事実。

・「居を構えたことで、地に足が着いて、やっと落ち着けた気がした。賃貸のときは、子どもの転校の心配があったが、そういう心労が減った」
・「子どもも自分の家に愛着があるよう。家族の歴史が一つ一つ刻まれるようで良かったと思う。子どもには故郷というか、自分の居場所をつくってあげたかったので満足しています」
・「居住場所を決めたことで、将来の人生設計や子どもの育児方針について、具体的に検討できる」

など、精神的なメリットもあるようです。

このように、マイホーム購入には、いい面も悪い面もあって当然と思っておくことも大切なのかもしれません。